趣味の総合サイト ホビダス
 

御前山青少年旅行村



10月8日1泊で息子と二人でキャンプに。
場所は御前山青少年旅行村。

朝準備してから出発したので、キャンプ場周辺に到着したのが午後2時ごろになってしまった。
御前山ハイキングを考えていたが断念。
とりあえず夕食の食材調達にとスーパーマーケットを探し始めたが見つからない。
国道123をひたすら走って、やっと見つかった時はすでに水戸市内。
キャンプ場周辺から往復20キロ。
※後から調べたら常陸大宮市内に向かえばよかった

4時前に旅行村到着。
クルマの脇にテントを設営したい旨を伝えたら、キャンプファイア広場ならと、そちらに張らせてもらった。
設営が終わり準備がひと段落したので、近くの「ごぜんやま温泉保養センター 四季彩館」へ。
旅行村にもシャワーがあったが、温泉好きの息子には外せない場所だ。

四季彩館に着くと、凄いクルマ。
観光バスらしきも2台止まっている。
肝心の風呂場も凄い人。
そして洗い場には列。
これには参った。
なんだかくつろげなかったが、それでも息子は満足げ。

テントにもどり夕食に取り掛かる。
まずは薪で火熾し。
これが中々熾きない。
安定しないというか、メインの薪が上手く燃えない。
かなり時間が掛かってやっと調理。っと言っても肉を焼くだけだけど。

夕食を終え、空を見上げると雲で星が見えない。
今夜から早朝にかけて「りゅう座流星群」が見れると聞いていたけど、この空模様では無理だと諦めテントに潜った。

そして翌朝。
朝方が相当冷えて目が覚めたりしたもんだから、結局10時くらいまで寝てしまった。
※この日の朝は、冷たい露が降りるとされる二十四節気の「寒露」だったそう、どおりで

キャンプは、夜、火を囲んでいる時間が楽しいが、この朝ののんびりとした時間も良い。
適当な朝食を済ませ撤収作業を始めると、息子はサイトの周りを駆け回り、自分なりに探検しているみたいだ。

年内にもう一度くらい、息子と二人でキャンプがしたいな。
その時は、前日に準備をして、もっとしっかりとした冬装備で。





御前山青少年旅行村

常陸大宮市観光ガイド
グリーンふるさとキャンプ場ガイド

とても優しい管理人さんが、しっかりと整備している安心して利用できる施設でした。

コメントを受け付けていません。

profile